サルサのスタイルどのスタイルが覚えやすいか?

日本で踊られているサルサにいくつかのスタイル(種類)があります。
日本のサルサが流れるクラブやバーで踊られる大多数の人のスタイルは
L.A.スタイル、N.Y.スタイル、キューバンスタイルに分類されるとおもいます。
サルサのスタイルの特徴を知るためには、リズムの取り方が重要になります。


サルサのリズムの取り方
サルサのリズムのとり方は、ON1 ON2によりそれぞれ違います。
ON1の場合:一拍目と五拍目に踏み出します。
ON2の場合には、二拍目と六拍目に踏み出すことになります。


L.A.スタイル
LAスタイル(エルエースタイル)は、一拍目にステップを踏み出すON1(オンワン)といわれるステップを取ります。
比較的、リズムがとりやすく、日本でも主流といえるスタイルといえます。
上級者になってくればくるほど、様々なアクロバティックな大技をなすことが特徴です。


N.Y.スタイル
NYスタイル(ニューヨークスタイル)は、二拍目にステップを踏み出すON2スタイルが特徴です。
スムーズさ、緻密な体の動きが特徴で都会的であるといわれています。
シャイン(一人踊り)も多く取り入れているのも特徴的です。


キューバンスタイル
ステップは1拍目や3拍目にアクセントがあります。(On1,On3)
腰をくねらせて踊るという特徴があるといえます。


個人的な感想
都内ではLAスタイルが多く
LAスタイルが踊れるとNYスタイルに合わせても
踊ることができ、また、その逆も可能ではないかと思います。
この二つのスタイルはショーダンスに向いているように思えます。

キューバンスタイルは、変幻自在というか
LAスタイルやNYスタイルのような直線的な動きよりも
楕円を描くような動きをみせ
男性と女性との密着度も高く
セクシーな感じはしますが。
難しいと感じました。